2016/06/23(木)
和洋女子大学で学部1年生向けに開催される宿泊研修「佐倉セミナー」で行なったレクチャー「文字が形象になるとき/形象が文字になるとき」のハンドアウトパワーポイントを公開します。
2016年度の日本文学文化学類のレクチャー共通テーマは「言葉とイメージ」でした。
エイゼンシュテインの「モンタージュとしての漢字」論や、「絵画に描かれることで、文字がシニフィエを欠落させ純粋な記号となる例」としての、ジャスパー・ジョーンズのアルファベットやクレーの矢印などにも言及したかったのですが、あまり詰め込みすぎても消化不良になるので今回は割愛しました。
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
Image